乳腺を制する者はバストアップを制する!乳腺を育てる6つのポイント

バストアップ乳腺が大切
バストアップとはバストに外側から刺激を与えたり、女性ホルモンの働きを盛んにしてバストを大きくするイメージですが、それら全てが「乳腺」と呼ばれる組織に関係しているんです。
 

バストを大きくしたいなら「乳腺」に注目しなければなりません。今回はバストアップに欠かせない乳腺を育てる方法をご紹介したいと思います。
 

乳腺ってどんなものなの?そんなに大事?

バストアップ乳腺
そもそも「乳腺」とはどんなものなのかご存知ですか?
 

最近ではすっかり定着した「マンモグラフィー」や「エコー検査」などを含む「乳ガン検診」を受けられた方は乳腺と言う言葉を何度か聞いた事があるかもしれませんね。
 

私たちのバストって、9割の「脂肪」と1割の「乳腺」で形成されて、乳腺に脂肪が付くか付かないかでバストは大きく成長したり小さいままだったりするワケなんです。
 

いくら脂肪が付きたくても乳腺が少なければ脂肪は行き場を失うのでバストアップに失敗してしまう事もあるので、バストアップを望むなら乳腺を増やし育てなければならないんです。
 

乳腺を育てるにはこれしかない!女性ホルモンをコントロール

乳腺を確実に育てるには「女性ホルモン」の力を借りる事が1番です。
 

なぜなら乳腺が大好きなのは「エストロゲン」や「プロゲステロン」などの女性ホルモンなんです。
 

バストアップサプリの主成分としてイソフラボンやチェストベリーのような「植物性女性ホルモン」がよく含まれているのもそのせいです。
 

女性ホルモンは少な過ぎるのはもちろんですが、多過ぎても反対に良くないので、女性ホルモンは正しくコントロールが肝心なんです。
 

1に栄養2に栄養!乳腺にもご褒美を!

自分が仕事やプライベートでも頑張ったら「ご褒美」が待っていたりしますよね。ご褒美は心身ともに満たしてくれる子供から大人まで欠かせないものです。
 

乳腺のご褒美と言えば女性ホルモンであって、女性ホルモンを増やす栄養素を吸収すれば乳腺は喜んで増えまた私たちのために頑張ってくれます。
 

乳腺を育てる事に繋がる女性ホルモンを増やすのに最適な栄養素を摂って、乳腺の更なる頑張りをサポートする事がバストアップ成功のカギを握っています。
 

  • 良質なタンパク質
  • ポリフェノール
  • ビタミンA
  • ビタミンB6
  • ビタミンE
  • 良質なコレステロール

 
これらを積極的に摂って女性ホルモンを増やして乳腺を喜ばせてあげましょう。

ストレスは大の苦手!乳腺VSストレス

何においてもストレスは最大の敵になりますが、乳腺にとっても例外ではありませんよ。
 

ストレスが原因で自律神経のバランスが崩れるなどの事態に陥れば、一生懸命に女性ホルモンに働きかけても、それを一気に奪い去ってなかったことにも出来てしまうくらい悪影響を及ぼします。
 

そんな事にならないように、日頃からストレスを抱えこまない、ストレスは小まめに発散するようにして下さい。
 

ツボ押しやマッサージで外から刺激!

内側から女性ホルモンを増やすのも大事ですが、外側からの刺激でバックアップするのも有効です。特にマッサージやツボ押しはちょうどいい乳腺への刺激になってバストアップを促進すると言われています。
 

実はスキンシップも交えてパートナーに揉んでもらうと、更に女性ホルモンの分泌が活発になるのでおススメです。
 

ただし、激しくマッサージするのは逆効果になっちゃうと困るので、彼氏に揉んでもらうとしてもセルフマッサージをするにしても優しく刺激して下さいね。

冷えは怖い!バストも凍りついて育たない!

寒いと私たちはどうなりますか?大抵の場合やる気が起こらずに動きたくなくなりますよね。
 

乳腺も冷えて血行が悪くなれば大好きな女性ホルモンや栄養素が自分のところまでなかなかたどり着けなくなってやる気が半減します。
 

ですから夏でも冬でも季節を問わずに常に「冷え」は解消しましょう。あえて食べ物や飲み物は温かい物を選んでみて下さい。若いからと言って気にしないでいると後々泣きを見る事にもなりますよ。

猫背は気持ちも乳腺もネガティブにする!

姿勢が悪い女性って魅力的ではないですよね。姿勢の悪さは乳腺にも暗い影を落とします。姿勢が悪いと血行が妨げられて乳腺にも女性ホルモンや栄養が届かなくなります。
 

また、酷くなると「乳腺炎」になってしまうケースもあるので、すぐに矯正して常に正しい姿勢を保って乳腺が過ごしやすい環境にしてあげて下さい。

ゴールデンタイムは乳腺にも効果あり!

成長ホルモンの分泌量が増える「ゴールデンタイム」夜の22時~夜中の2時は女性ホルモンの量も増えるため乳腺を育てるのにも重要です。
 

なるべくこの時間にはベッドに入り、質の良い睡眠を取れるようにしましょう。また、寝る前のスマホは睡眠にとって良くない習慣なので十分に注意して下さい。

まとめ

バストアップを成功させるためには乳腺を刺激して育ちやすい状態に保ってあげる事が最優先なんです。また、乳腺を大事にする事は乳腺炎などの病気を予防する結果にもなります。
 

乳腺にとって良い環境はバストアップしやすい環境と言えますので、生活習慣にも注意を払う努力をしてみて下さいね。

 

バストアップサプリランキング

 

    コメントを残す

    バストアップサプリランキング